最近の投稿
最近のコメント

    ベクシンスキーの絵であれデリヘル所沢

    そうするうちに、疲れがどっ一と出たのかついうとうとしてしまったようだ。しかもかなりの時一間まどろんでいたらしい。再び目を開けたとき、お湯はぬるくなっていた。デリヘル嬢はゆっくりと立ち上がり、肌から水気を振り払うと、バスマットの上に立ち、タオルに手を伸ばした。首筋から始め、胸、おなかと順番に拭いていく。ほんの一瞬、両脚の間のデリケートな部分もタオルで覆ったが、その部分の刺激には気づかないまま前かがみになり、太ももやふくらはぎの水分を拭き取った。再び顔を上げたとき、何かの動きがデリヘル嬢の注意をとらえた。何気なく鏡のほうを見る。所沢というのは背後に、ひとりの男がゆったりと構えていた。完全にくつろいだ様子で、澄ました顔ですべてを見つめている。!その光景はあまりに衝撃的だった。その瞬間、デリヘル嬢は身動きさえできなかった。自分の見たものが何か、すぐに理解できなかった。それほど男の登場は突然で、夢か幻でも見ているようだった。デリヘル嬢は懸命に目を凝らし、鏡の中を見つめた。この奇妙な展開の意味を理解しようと必死だった。でも、幻ではなかった。男は本当にそこにいた。所沢などは背が高く、きちんと整えた黒髪に、吸い込まれそうなサファイアの瞳。男はひどく魅力的だった。やはり所沢 デリヘルよりは高い頬骨、通った鼻筋、形のよい唇。

    お気に入り